第三回クライアント管理勉強会 【東京/WEB】

日時 2020年04月16日(木)16:00~17:00
会場 WEBセミナー形式での実施
テーマ <本気で考えるテレワーク>
「いつも」と「もしも」のテレワーク ~クラウド化が可能にしたBCP対策~
講師

クオリティソフト株式会社
開発本部 情報システムチーム
宮脇 慎
※所属情報は2020年3月時点のものです

2005年入社後、開発部門にてIT資産管理製品の開発を担当。
2017年より情報システム部門の部門長と、情報セキュリティ管理責任者を務める。
近年の取り組みは、ISMSの社内導入と情報システムのクラウド化。

内容
第一部

講演(16:00~16:30)
2020年の夏に向けテレワークの準備を進めていた企業は多いかと思いますが、不測の事態により早急な対応を迫られている状況ではないでしょうか。

今回は2016年の本社移転をきっかけに、フリーアドレス導入や社内システムのクラウド化を経て、ほぼ全社員がテレワーク可能な環境を構築したクオリティソフトの歩みと現状をご紹介します。

第二部

お悩み共有&ディスカッション(16:30~17:00)
皆様から届いた質問やお悩みを講師と進行役でピックアップし、解決策を模索します。

講師感想

クオリティソフト株式会社
開発本部 情報システムチーム   
宮脇 慎 ※所属情報は2020年3月時点のものです

クオリティソフトでこれまで取り組んできたテレワークへの取り組みについてご紹介しました。
利用するツールについての質問や、テレワークを実施するためのルールについての質問が多かったかと思います。
テレワークはツールによって実施することが可能になる部分は多いですが、労務管理や業務の実績をどう判断するかといった点は、まだまだ課題があると感じました。

座長報告

下原さん

キヤノンITソリューションズ株式会社
管理本部 情報システム部 ITインフラ課 課長
下原 隆徳

2019年度最後の『クライアント管理勉強会』は、コロナ禍の中にあって開催自体も危ぶまれましたが、多くの皆さんの協力を得て、なんとPCNW初のWEBセミナー形式を採用させていただき無事開催できました。
Zoomの利用も、このようなWEBセミナーの司会進行も私自身も初めての経験で色々勉強になりました。

コロナ禍の中で、「テレワーク」や「在宅勤務」というキーワードが飛び交っていますが、その根幹にあるのは「働き方改革」であり、IT関連のツール選定は勿論ですが、勤怠関連のルールや規則の整備、事務所や執務空間の在り方等含めて、社内の関係部署が協力して進めなければ上手く行くものではありません。
そんなこんなを含めて、クオリティソフトさんの過去から現在までの取り組みや考え方などを、同社の宮脇さんを講師にお迎えしてお話しいただきました。

その後、参加者の皆さんからSlidoやZoomのチャットを使ってご質問をいただき、講師を含め参加者の皆さんからも多くの参考意見を頂くことができました。
少しでも皆さんの現在置かれている環境の助けになっていれば嬉しく思います。

講師を始め、事務局や他の運営委員の方の協力があって初めてとは思えない盛大な会が出来たと思います。
関係者の方、ご参加いただいた方に改めてお礼申し上げます。

最後に、このコロナ禍が1日でも早く収束すること、1人でも犠牲者が少なくなることを願ってやみません。皆さんもくれぐれも健康に留意してください。
また、どこかの勉強会でお会いできる日を楽しみにしております。

担当者報告

今回は初の取り組みとしてWEB会議システムを利用した勉強会を開催しました。
その為、全国で多くのご参加を頂くことが出来て、新しい参加者にも情報提供出来たと思います。内容についても、皆様の直近の共通課題であるテレワークの取り組み内容ということもあり、時間がもう少し欲しいというご意見も頂きました。
次回以降も、更に内容を充実させたいと思いますので、ご興味をお持ちの方は是非ご参加ください。

参加者の声

  • やはり事前の準備が最重要ということが、改めて良く分かった。付け焼刃はだめですね。
  • 王道の対応を確実に実施する。ということが大切だと再認識しました。緊急性に流されてきましたが、自社に欠けている部分を振り返りできそうです。
  • 皆様のご意見や質問がとても参考になりました。流れが早くてもう少しゆっくり聞けるとよかったです。

©2020 PC・ネットワークの管理・活用を考える会