「PCNW」は、日頃から社内のシステム管理に悩みを抱えている情報システム管理者の方を対象とした「情報収集・意見交換」の集いの場です。 働き方改革関連法がついに2019年4月に施行となり、生産性向上や長時間労働の解消等にどう取り組むべきか、お悩みの企業様も多いのではないでしょうか。本イベントではそんな変化の中で情報システム管理者の目指すべき方向性について、事例を交えお話し頂きます。

プログラム

第一部:基調講演・事例講演・パネルディスカッション

基調講演:情シスRe-Born!稼ぐ情シスへの道

かつて(2015年)、セゾン情報システムズの情シスの姿。リソースの96%が既存領域で、新規取り組みは4%であった。とにかく忙しすぎて、期待に応えることができない構造的な課題を抱えていた。
結果的に、情シスへの信頼という貯金が真っ赤かとなり、危機的な状況に陥っていた。はたして信頼を回復できるのか?マイナスからスタートした情シス復活の物語りを生々しくお伝えいたします。

講師:

株式会社セゾン情報システムズ
HULFT事業部SE部
稼ぐ情シスエバンジェリスト(元情シス部門長)
高橋 秀治 氏

講師略歴:

1996年 日立製作所に入社。半導体部門にて三社の半導体部門合併に伴う企業再生の組織横断的なプロジェクトに参画。
その後、V字回復の経営で知られるミスミに入社し、徹底的な変化とスピードに対応する働き方を経験。

基調講演講師 高橋氏

現職のセゾン情報システムズでは、企業再生の経験を生かした情報システム部門の再生を実施。その成果を生かし、HULFT事業部SE部にて「情シスRe-Born!稼ぐ情シスエバンジェリスト活動」を2019年4月より開始。
また、社外コミュニティーとして企業IT力向上研究会(ITEG)に参画、IT業界の構造改革にチャレンジ中。

▲Page top

事例講演:グローバル・クラウド・働き方、多様な変数に向き合う情報セキュリティ(仮)

国内・国外での事業展開、クラウド促進による環境の変化、働き方の変化、これらの様々な変数と企業における脅威をかけ合わせて、何を守るのかを定め、会社・事業の成長を止めない中でリスクを最適化するにどうすればいいのかを模索している弊社の取り組みの一部を紹介いたします。
※講演内容は一部変更となる可能性があります

講師:

株式会社エス・エム・エス
経営インフラ部 システム企画グループ
松田 勇二 氏

講師略歴:

2017年 株式会社エス・エム・エスに入社。
情報セキュリティ担当として各種規定、事業特性をみたリスク最適化、全体最適のための製品導入や様々なセキュリティ対策と強化を推進中。

▲Page top

パネルディスカッション:皆で考える!情シスに求められるミッションと目指すべき働き方

働き方改革関連法の施行に伴い、システム面から対策に迫られている情報システム管理者は多いのではないでしょうか。対策のトレンドや情報システム管理者に求められるミッションの変化について、講演者を交えながらディスカッションします。

モデレータ:

PC・ネットワークの管理・活用を考える会 幹事長
TERRANET 代表
寺嶋 一郎 氏

講師略歴:

1979年3月に東京大学工学部計数工学科卒業。その後積水化学工業に入社し制御や生産管理システム構築に従事。
MIT留学を経て、(株)アイザックの設立に参画、人工知能を応用した積水化学の工業化住宅のシステム化に貢献する。

モデレーター 寺嶋 氏

2000年6月に積水化学に戻り情報システム部長として積水化学グループのシステム基盤の標準化やITガバナンスの改革に取り組む。2016年3月に退職し、現在、TERRANET代表。

▲Page top

第ニ部:クオリティソフトからのソリューション紹介

PCNWの事務局を担当するクオリティソフト株式会社より、自社のビジネスドメインやソリューションについてご紹介します。

クオリティソフト ソリューション紹介

第三部:懇親会

懇親会形式によるフリートークです。情報システム管理者同士のネットワーク作りや情報収集の場としてご活用いただけます。

クオリティソフト ソリューション紹介

  
  • 掲載の資料・写真・図表などの改変、無断転載を禁止します。
    PCネットワークの管理・活用を考える会のこれまでの活動はこちらをご覧ください。
    ご質問・お問い合わせ:bunkakai@pcnw.gr.jp

©2019 PC・ネットワークの管理・活用を考える会