PC・ネットワークの管理・活用を考える会 大会 2018

「PC・ネットワークの管理・活用を考える会」は、日頃から社内のシステム管理に悩みを抱えている情報システム管理者の方を対象とした「情報収集・意見交換」の集いの場です。業務システムのクラウド化やサイバー攻撃の高度化が進む中、今求められるIT戦略をテーマに著名な方々にお話を頂きました。

プログラム

第一部:基調講演・事例講演・パネルディスカッション

基調講演:クラウド化する世界で僕たちは現場に溶ける

クラウド化する世界では、ITサービスは電気のようにユーティリティー化、コモディティ化して行きます。
僕たちは今何をすべきで、どこを目指すべきなのか。武闘派CIOが自らの実践経験を熱く語ります。

講師:

フジテック株式会社
常務執行役員 情報システム部長
友岡 賢二 氏

講師略歴:

1989 年松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)入社。独英米に計 12 年間駐在。
株式会社ファーストリテイリング 業務情報システム部 部長を経て、2014 年フジテック株式会社入社。
一貫して日本企業のグローバル化を支える IT 構築に従事。早稲田大学商学部卒業。

<講演の様子>

講演資料:

参加者の声

  • 友岡さんのお話はショックが強くて心臓に悪い。が面白かった。
  • コーポレートITからビジネスITへのシフトに対する課題感を理解出来た。

事例講演:企業グループとしてのITガバナンスと
エンドポイントセキュリティ強化の取り組み

昨今のサイバー攻撃の高度化、ワークスタイル多様化によるモバイル環境の必要性などから、 従来のネット
ワークセキュリティに加えてエンドポイントセキュリティの重要性がますます高まっています。
商社という特性を踏まえ、企業グループ国内外約300社に対する情報セキュリティ強化の取り組みについて
ご紹介します。

講師:

豊田通商株式会社
IT戦略部 ITガバナンスグループ グループリーダー
内野 慎一 氏

講師略歴:

1991年 豊田通商株式会社入社、2001年より現IT戦略部に配属。
主に社内情報化(ナレッジマネジメント)、ITインフラ整備など
を担当。
2007年より6年間、北米現地法人に出向し現地のIT組織マネジメントに従事。
帰任後、ITガバナンス規定の策定、CSIRT構築、その他標準サービスの導入展開など、豊田通商グループ約300社に向けて各種セキュリティ施策の強化を推進中。

<講演の様子>

講演資料:

参加者の声

  • 実際の話を聞かせてもらい、参考になりました。
  • グローバルの展開はとても大変なので苦労されていると思いました。

パネルディスカッション

サービスのクラウド化など、業務システムがクラウド化になりつつある今、講演者を交えながら企業のクラウド化や業務課題についてディスカッション致します。

パネルディスカッションの模様はこちら

第ニ部:クオリティソフトからのソリューションのご紹介

PCNW事務局のクオリティソフトより、自社のビジネスドメインやソリューションを『Windows10の運用支援』にフォーカスしご紹介します。

クオリティソフト株式会社
商品企画部 副部長
関 哲也

クオリティソフトの製品・サービスラインナップはこちら

参加者の声

  • Windows10について、情シス部門の悩みを再認識しました。
  • オンラインストレージのサービスが気になりました

第三部:懇親会

講演に引き続き、懇親会にも多くの情報システム管理者様がご参加され、他社の方と日頃の業務における情報交換や講師との交流をされました。


<東京会場の様子>


<大阪会場の様子>

  • 掲載の資料・写真・図表などの改変、無断転載を禁止します。
    PCネットワークの管理・活用を考える会のこれまでの活動はこちらをご覧ください。
    ご質問・お問い合わせ:bunkakai@pcnw.gr.jp

©2018 PC・ネットワークの管理・活用を考える会