第一回クライアント管理勉強会 【大阪】

情シス目線で考える!大阪北部地震、あの時どうすべきだった?

日時 2018年9月14日(金)14:00~18:10
会場 大阪市立生涯学習センター 第8研修室
テーマ 情シス目線で考える!大阪北部地震、あの時どうすべきだった?
体験者

株式会社PFU 小玉 稔 氏
株式会社URリンケージ 西日本支社 嶋口 真 氏
NECソリューションイノベータ株式会社 吉崎 大輔 氏

内容

2018年6月18日7:58頃、大阪府北部をM6.1の地震が襲いました。
出勤途上で被害に遭い、自身やご家族の安全確保に加え、担当システムの稼働確保に苦心されたシステム管理者の方も多いかと思います。
本勉強会では「大阪府北部地震」の「実体験」を共有し、「身の丈にあった危機管理」として今後に活かす為にディスカッションいたします。

第一部

実体験の報告(14:00~15:00)
勉強会の幹事・運営委員より、「大阪府北部地震」当日にどんな状態に陥ったかをご報告いたします。

第二部

実体験共有&グループディスカッションディスカッション(15:10~17:00)
「大阪府北部地震」当日の『こんな事があった』『こんな工夫が役に立った』という「実体験」を、グループに分かれて共有します。
その後「あの時どうすべきだった?」という視点でディスカッションし、「身の丈にあった危機管理」について模索します。

第三部 懇親会(17:10~18:10)
※懇親会形式によるフリートークです。
※情報システム管理者同士のネットワーク作りや情報収集の場としてご活用ください。
※参加費:2,000円

©2018 PC・ネットワークの管理・活用を考える会