第二回ITトレンド勉強会 【大阪】

マイクロソフト社と語る!Windows10大討論会!!

日時 2018年5月28日(月)14:00~18:10
会場 メットライフ本町スクエアB1F
住所 大阪府大阪市中央区本町2-5-7 >地図
会費 無料
※第二部ご参加の方は別途2000円いただきます。
定員 16名
参加資格 企業のシステムご担当者様 及び ご関係者様
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
※応募者多数の場合は、システム管理者様を優先とさせていただきます。
テーマ マイクロソフト社と語る!Windows10大討論会!!
講師

日本マイクロソフト株式会社
Chief Security Officer
河野 省二 氏

セキュリティベンダーでセキュリティコンサルタントを20年間務めたのち、
2017年12月よりマイクロソフトにCSOとして勤務。
クラウドセキュリティガイドライン、情報セキュリティ監査制度など政府の
セキュリティガイドラインや制度などを開発。
セキュリティと経営についての執筆、講演も多数。

内容
第一部

講演(14:00~17:00)
2020年1月にサポート切れとなるWindows7に伴い、Windows10への移行を計画
されている企業は多いのではないでしょうか。
今回は、そんなWindows10におけるセキュリティ対策、移行での課題等について、
マイクロソフト様をお迎えし、皆さんの気になるあれこれをディスカッション!
参加者同士で現状共有や課題解決の糸口を模索します。
ディスカッション後には講師のマイクロソフト河野氏より、Windows10の
今後についてもお話いただきます。

第二部

懇親会(17:00~18:00)
※懇親会形式によるフリートークです。
※情報システム管理者同士のネットワーク作りや情報収集の場としてご活用ください。
※参加費:2,000円

座長報告

PFUクリエイティブサービス株式会社
運用管理部
小玉 稔

今回の勉強会は、テーマ・講師・事前アンケート内容等々を勘案して進行方法を変更しました。講演と出席者全員によるディスカッションとを適宜織り交ぜる事により、我々が取り組むべき課題とその解決策を見出そうとしたのです。しかし、この狙いは見事に外れてしまいました。私も含めて出席者全員が講演内容に「唖然」としてしまったからです。
講演により、Microsoft社が Windows 10で目指すと表明した Windows as a Service の「輪郭」が見えてきました。同時に、Windows as a Service を支えるためには、強固なセキュリティ基盤の構築等、種々の対応が不可欠だという事も見えてきました。
「目指すべき姿」を教えて頂いた結果、我々が XP → 7の際に実施した様な「移行」対応では、不十分ではないか?と感じたのは、私一人ではなかったと思います。我々が、地道に「改善」と「工夫」を積み上げていた間に、Microsoft 社は「異世界」にワープしていたのです。いや、Microsoft 社だけではありませんでした。海外のICT 事情は、我々が考えていた以上に「変革」を遂げていました。いつの間にか、我々が実施している「運用管理業務」はガラパゴス化していたのです。
今回の勉強会を踏まえ、次回以降の勉強会では「変革」にフォーカスする事も検討したいと考えています。

担当者報告

今回は定員16名を超えて17名の参加で開催されました。
冒頭マイクロソフト河野氏より、Windows10の普及が遅れているのは世界中で日本だけだとの衝撃的な指摘で始まりましたが、結果としては第三部(今回は二部でしたが)の参加率は80%を超える好結果でした。
新しい方がもっと気軽に参加頂ける様に運営せねばならないとも感じた会でもあり、それの布石として次の大会7月20日(金)の準備をしたいと思います。

参加者の声

  • Windows10の今後のイメージが理解できました。
  • アップデートの種類や何が原因で失敗するのか等の情報がありがたかったです。
  • 目の前の問題もそうだが、その先の大きな流れをある程度知ったうえで展開を考えないと、考え方そのものを変えるのが必要と感じました。

©2017 PC・ネットワークの管理・活用を考える会