第一回クライアント管理勉強会 【東京】

皆で考える!ひとり情シス「攻め」のIT戦略
~働き方改革に求められるシステム対応~

日時 2017年09月20日(水)15:00~19:00
会場 クオリティソフト株式会社 東京本部
住所 東京都千代田区麹町三丁目3番地4 KDX麹町ビル >地図
会費 無料
定員 20名
参加資格 企業のシステムご担当者様 及び ご関係者様
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
※応募者多数の場合は、システム管理者様を優先とさせていただきます。
テーマ 皆で考える!ひとり情シス「攻め」のIT戦略~働き方改革に求められるシステム対応~
講師

パナソニック映像株式会社
管理グループ 人事・総務チーム
IT業務支援担当
中山 裕盛 氏

映像コンテンツ制作会社に音響技術者として入社。
デジタルAVとIT技術の融合・発展を推進する現場へ出向後、スタジオ営業等のマネジメント業務を経て、映像アーカイブの現場にてデータ処理とネットワーク技術の基本を学ぶ。
2014年よりIT管理と総務を兼務する「ひとり情シス」の現職にて日夜格闘中。

内容
第一部

講演(15:00~16:00)
ネットワーク機器やPC端末といった、単なるIT資産管理者の立場から、会社全体の業績向上へつながるITインフラ整備、を求められる立場へと日々変化している情報システム部門。
こうした「責め」から「攻め」へのIT戦略の転換を、ひとり情シスの視点から、総務と兼務している現状を踏まえ、「働き方改革」「時短」「まわりからの信頼」といったキーワードを中心に、事例を交えてお話したいと思います。

第二部

お悩み共有&ディスカッション(16:10~18:00)
主に働き方改革について、皆様の悩みを共有しつつ企画書等で提案できるようなアイディア出しをグループディスカッションにて行います。

第三部 参加者同士による日々の業務課題の共有(18:00~19:00)
※懇親会形式によるフリートークです。
※情報システム管理者同士のネットワーク作りや情報収集の場としてご活用ください。

講師感想

パナソニック映像株式会社
管理グループ 人事・総務チーム IT業務支援担当
中山 裕盛 氏

大変多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。
今回は「ひとり情シス」「責めから攻めへ」のキーワードをもとに、総務業務と兼務している立場から、そのメリット、デメリットを交えお話させていただきました。
参加者の方々に十分に思いをお伝えできたか不安が残りましたが、休憩時間を忘れるほどグループディスカッションが盛り上がり、微力ながら何らかのお力添えになれたかなと一安心しております。
今後もこうした「ひとり情シス」をテーマに、現場の声を生かした議論がますます展開されることを期待したいと思います。

座長報告

キヤノンITソリューションズ株式会社
管理本部 情報システム部 ITインフラ課
課長
下原 隆徳

今年度最初の勉強会は、グループディスカッションで行いました。

今話題の「働き方改革」について、情報システム部門は何が出来るのか、また、どのような準備をして置くべきか、そして会社へITツールの活用法をどのように提案していくかなど、『「責め」から「攻め」へのIT戦略の転換』や「まわりからの信頼」を得るためどうするかなどを含めて、講師からその経験と思いを聞いた後に、各グループに分かれて議論していただきました。
少人数での意見交換や議論で、密度の濃い時間を過ごされたことがアンケート結果からも伺えて、運営する側としても嬉しく思っています。
また、第三部まで多くの方に残っていただき、情報システム部門同士としての親交も一層深まったのではないでしょうか。

次回以降のご参加もお待ちしております。

担当者報告

今回は、4グループのグループディスカッション形式での開催となりました。
今、話題の「働き方改革」というテーマに対し、業種や会社の規模により様々な環境下で、どのようなシステムが現実的なのか、激論頂きました。テーマが広かったこともあり、本音の議論はつきず、時間が足りなかったと思います。
次回も議論が白熱するテーマを準備しますので皆様のご参加をお待ちしております。

参加者の声

  • 各社が色々な悩みがあり、話が聞けて良かったと思います。
  • 情報共有、情報交換ができたのでとても有意義でした。「可能性より緊急性」に説得力ありました。
  • 受け身の講習スタイルではなく、グループディスカッションと発表が勉強になりました。

©2017 PC・ネットワークの管理・活用を考える会