第一回 クライアント管理勉強会

グローバル化に伴う全社改革の取り組みとITの役目

日時 2013年11月06日(水) 15:00~19:00
会場 クオリティソフト(株) 本社 6F
住所 東京都千代田区麹町3-3-4 KDX麹町ビル >地図
会費 無料
定員 20名
参加資格 企業のシステムご担当者様 及び ご関係者様
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
※応募者多数の場合は、システム管理者様を優先とさせていただきます。
テーマ グローバル化に伴う全社改革の取り組みとITの役目
~管理ポリシはどうかわるのか~
講師 地方(長野県)を拠点とし、グローバル化を目指している電機・電子関連の製造メーカー様です。
社員数約800名。端末管理やシステム運用など、皆様と同様のお悩みを持っております。
内容
第一部

ご講演(15:00~16:00)
今や製造業では海外展開が当たり前となりつつあります。
同社も2016年度に向け改革活動に取り組んでいますが、全社規模での業務改革はそう簡単にはいかず、大きな課題が潜んでおります。
今回は、全社規模における業務改革の計画と共に、特に、社内のIT化計画や、今まで手作業で行っていた業務の自動化に伴う業務システムの入れ替えやOS移行、またそれに伴う管理ポリシの変更について、ご担当者様よりお話頂きます。

第二部

お悩み相談&ディスカッション(16:10~18:00)
現状の課題や今後の管理/運用方法等を皆様と一緒にディスカッションしてまいります。

第三部 クライアント管理にまつわる運用と課題の共有(18:00~19:00)
※懇親会形式によるフリートークです。
※情報システム管理者同士のネットワーク作りや情報収集の場としてご活用ください。

講師感想

この度は、貴重な場に同席する機会を与えて頂き誠にありがとうございました。これまで弊社はIT投資につき戦略的に進められて来られなかった結果、大変厳しい現代ビジネス環境に於いて競争力低下の大きな要因となっているものと痛感しております。
今回、皆様とのディスカッションの場にてこれまでに増して改革の遅さに対する危機感を持てたのと多くのヒントを与えて頂きました。
本当にありがとうございました。

座長報告

株式会社シーズ・スリー
情報システムサービスセンター ユーザーサポートルーム マネージャー
岡本 宏明

今回も多くのシステム管理者、運用担当者の方々にお集まりいただきました。ありがとうございます。
講演内容がテーマ設定と少々違ったところもありましたが、情報システムが経営と密着していることを経営視点からお話しいただき、ご参加いただいた皆様に好評をいただくことができました。
ディスカッションも、初めは少々戸惑いもありましたが、
・「過去を責めるより、これからどうするか」「評論するより、できる方法を考える」といった活かすための
 視点、伝え方、協力の得かた。
・「ポリシー」とは、導入までの判断基準だけを言うのではなく、運用可能な想定までできているかで質が
 問われる。
・調達には、購入の他に、リース、レンタル、オペレーションリースといった手法があることと、
 それぞれのメリット・デメリット。
など、経営と現場の両視点から考え方や手法を伺うことができ、参加者相互が自社で活かせるヒントをお持ち帰りいただけたと思います。
こちらは、講演者を含めすべての方に好評をいただくことができました。

担当者報告

グローバル化に伴い、社内改革を行い、それに伴いIT化を行うというお話を頂きました。
今回は、情報システム部門ではなく、経営企画の責任者に講演を頂きました。社内改革に伴うITの必要性、社員の意識改革をどのように行っていくか、上層部をいかに巻き込んでいくか、等、参加メンバーにとっても、とても興味のあるお話を頂いたと思います。

参加者の声

  • 最近のITは、経営と密着していることを改めて認識した。
  • 30年後・・・全く考えていませんでした。「業務の見える化」とよく言われますが、実現までのご苦労がかなりわかりました。
  • 他社様の仕組みがわかり、比較が楽しかった

©2018 PC・ネットワークの管理・活用を考える会